期待薄と感じていた熟女が美魔女!華の会で出会い探し体験談

期待薄と感じていた熟女が美魔女!華の会で出会い探し体験談

こんにちは、40代後半中年オヤジのイワオと申します。

出会い系サイトで、エッチな女性と出会うのが生きがいになっています(笑)

これまでいろんな出会い系サイトを利用して、出会いを重ねてきました。

最終目的であるセックスまで行けたケースは何度かあります。
でも会う前にダメになったり、最後の最後でフラれたこともあります。

ここ最近はちょっとアタリも悪くなって、思うような出会いがなかなかできず…

そんな時、同じ出会い仲間の悪友から耳寄りな情報が。


「華の会メールって中年向けの出会いサイトがけっこうアタリがいいぞ」

「華の会メール?聞いたことないな…」

「イヤイヤ、ココはなかなかの穴場だと思うよ。30代以上の熟女狙いなら絶対オススメだって!」


熟女好きの私はその言葉に敏感に反応(笑)

悪友いわく、


「オレもまだ最近知ってやり始めたばかりだけど、今30代と40代の熟女2人とメール中だけどね。」

「40代の方と近々飲むつもりだから、たぶんセックスまで行けそうだよ(笑)」

穴場の出会いサイト「華の会メール」で熟女探し

それを聞いた私は「穴場の穴狙い」ってことで…

さっそく中年向け出会いサイト「華の会メール」に登録開始。


サイトのビジュアルはちょっと古めかしい感じがしますが、それが逆に昭和生まれにはイイのかも?

料金体系なども確認した上でプロフィールを記入。

それからウキウキ気分で、熟女たちのプロフィールチェックしていくと…
確かに年代は40代をメインに50代や60代の女性もいます。

30代もけっこう出てきますね。

でも顔写真を載せている女性はほとんどいません。


メッセ―ジも少しエッチなものはありますが、業者女のようなドスケベなメッセージはほとんど見当たらず。

まずは悪友のアドバイス通り、掲示板に「初めましてメッセージ」を投稿。

「ピュア掲示板」と「大人の掲示板」があり、エッチな熟女探しが目的の私の投稿先は…

もちろん「大人の掲示板」です(笑)

それからしばらくプロフでエッチそうな熟女探し。


華の会メールの掲示板で人妻探し

数名気になる熟女がいたので、メールを送ろうか迷っていた矢先。

先ほど投稿した私の掲示板に「チエミ」と言う女性から返信あり。
(えっ?まだ10分しか経ってないのに?)

こんなに早い反応ってことはもしかしたらサクラとか業者か?
サクラはメールを数多くやりとりさせる課金が目的です。

業者は風俗にいる女性で、お金目的で近づいてきます。

さっそくその女性からのメールをチェックすると…

「初めまして。わたしも初心者ですが良かったらメールからでも仲良くしてください」

可もなく不可もない感じのメールです。

プロフィールを見てみると42才の専業主婦で、エッチなコメントは一切書かれていません。

返信に迷いますが、せっかくの初メールなので、ここは素直に「よろしく」と返信。

華の会の熟女はセックスに興味ナシ?

熟女さんからのメールのレスポンスはけっこう早い方で、1時間も経たずにまた返信があり。

それからしばらく熟女さんとメール。

数回メールをしたのち華の会メールでは料金もかかるので、ラインに持ち込みます。

1度は断られますが、食い下がって2度目にはあっさりラインIDを教えてくれました。

これでサクラでないことが判明。


熟女さんのメール内容は趣味の音楽の話や、好きな食べ物とか飼い猫の話オンリー。

それで業者でないことも判明したものの、シビレを切らした私は、思い切ってエロトークに持ち込みますが…

完全にスルーされます。
(オイオイ熟女さん!もしかしてピュアな出会いとか茶飲み友達でも探してるんじゃないの?)

ラチが明かないとみた私は、自分の出会い目的を正直に打ち明けます。

さすがに「ヤリモクでオマンコがしたいだけ」なんて間違っても書きません(笑)


「秘密の恋ができるステキな熟女さんを見つけるために…」

エッチな下心をオブラートに包んでメールします。
すると返信が来ました。

「ステキな女性じゃないからきっと私じゃダメですね」

「ステキかどうかは会ってみないとわからないものですよね?
良かったらランチでもしませんか?」



ホントは夜に会ってお酒を飲ませてそのままホテルへ…
と思ったのですが。

ここは警戒心を解くためにランチのお誘いにしておきました。

ところが、「まだメール始めたばかりですから…」とお断りされちゃいます。

面倒になった私はこの時点でラインをストップ。

長々とメールを続けても、たぶんこの熟女さんとは出会えない気がしたからです。
それなら別の熟女を探したほうがマシ。

意外な展開!熟女はなんと美魔女さん!?

42才の熟女さんとはこれでおしまい…と思った矢先、翌日にメールが。

「迷いましたが、イワオさんは悪い人じゃなさそうですから、ランチご一緒しましょう」


状況は急転直下。
やはり女性は熟女年齢まで歳を食っても警戒心があるようです。

まぁあまり期待はせず、熟女さんと金曜日の昼間に会うことに。
東武線の浅草駅改札口で待ち合わせとなります。

あらかじめ聞いていた熟女さんの服装は薄いベージュのスーツとのこと。

11時ちょっと前に到着した私は、すぐにその服装の女性を探します。

すると階段横にそれらしき服装の熟女さんが佇んでいます。
その女性を見て思わず私は口をアングリ。

と言うのもこの熟女さん、まさに美魔女だったんです!

スタイルも良くオッパイもソコソコ大きい感じ。
お顔は「松雪泰子」似でホッソリとしています。


松雪泰子似の美魔女

えーっ?まさかこの人が?

私は一瞬圧倒された感じで声を掛けるのをためらうほど。
しかしそこは勇気を振り絞って熟女さんに近寄り。

「失礼ですがチエミさんですか?」

声を掛けると緊張した面持ちで頷きます。
(おーっビンゴー!こんな美魔女とセックスできるんかい?!)

まだどうなるかわからないのに私は1人大興奮(笑)

改札付近は人が多かったのでお互い挨拶もそこそこに、そのまま仲見世に向かいます。

浅草寺でお参りしたあとあらかじめ食べログで下調べしてあった、オシャレなイタリア「カリッスマ」へ。

ここで軽くワイン飲みながらお喋りするうちに、美魔女さんはけっこう飲めることが判明。

さらに嬉しいことにメールでは完全拒否された?下ネタトークも炸裂。


「だって会ったこともない人と、あまりエッチなこと言えないもの」

と美魔女さんのお言葉(笑)

酒好き美魔女といざホテルへ!?

このままホテルになだれ込めるか…と思ったのですが、さすがにこれは甘かったです。

美魔女さん夕方に予定が入っているため、15時過ぎには泣く泣くお別れです。

でも次回のアポはしっかり取れました。
翌週の金曜夜18時に、今度は上野駅で待ち合わせです。

ほぼ間違いなく、美魔女さんとセックスできると確信した私。

懐には中年男性の強い味方カマグラ(バイアグラのジェネリック品)を忍ばせます(笑)


………


金曜夜18時に美魔女さんと再会すると、まずは約束通りのお酒タイムと言うことで、個室居酒屋「星夜の宴」へ。

二度目だけあって最初からノリノリで話が弾みます。
途中テーブル下で足を絡ませると、抵抗もなく潤んだ眼を向けてきます。

ほろ酔いになった美魔女さんと、不忍池そばのラブホ「ユナイテッド」へ。

部屋に入るやいなや、すでにムスコは臨戦状態。
そのまま美魔女さんをベッドに押し倒します。

美魔女さんの服を脱がせていくと、ドハデな真っ赤なセクシー下着が現れ思わず嬌声を上げちゃう私(笑)


ラブホに行って美魔女を脱がすとセクシーな勝負下着

そして予想通りのナイスエロバディ!

ややオッパイが垂れていたことと、妊娠線が気になりましたがセックスには全く支障なし(笑)

感度抜群の美魔女とくんずほぐれつの大乱闘

「あーん…久しぶり!」
そう言いつついきなりムスコを咥える美魔女さん。

熟練のフェラテクを堪能しつつお返しとばかりに、クンニと指マンコ攻撃。

「んぅぅぅ…気持ちいい…」

感度抜群の美魔女さんスゴイ悶えよう。

ガマンできなくなった私は大好きな立ちバックでオマンコ挿入。

ガンガン突いているうちに美魔女さんは、2度3度とオーガズムを迎えます。

1発目は中出しNGだったので、そのままエロ巨尻に発射。


初華の会メールは美魔女とのセックスに成功です

それでもカマグラが効いているので、ムスコはまだビンビン状態。

それに気を良くした美魔女さんは騎乗位でムスコに乗ってきます。

イヤそのお尻の動きが激しいのなんの(笑)

そんなこんなで私の「華の会メール」での初出会いは大成功で幕を閉じました。

すぐに悪友に報告したのは言うまでもありません。

熟女が集まる華の会メール