おばさんとの出会い~中高年おばさんと出会える方法

おばさんと呼ばれることの多い、35歳~50代くらいの女性。

たしかに年齢的に若いとはいえませんが…。
人生経験豊富で、恋愛や性的な対象としてはぴったりです。

とくに年上好きの男性にとっては魅力的なお姉さんですよね。

そこでこの記事では、おばさんとの出会い方を紹介します。

「おばさんとの出会いが欲しい」
そう思う人はぜひ参考にしてくださいね。

出会いを求めるおばさんのタイプ

満たされないおばさんが出会いを求める

通常おばさん世代はすでに結婚していて、新しい出会いを求めてはいません。

しかし、なかには積極的に出会いを求めるおばさんも。

一体、どんなタイプのおばさんが積極的に出会いを求めているのか?

まずはこの点から説明します。

夫とセックスレスの人妻

おばさんが出会い求める理由としてもっとも多いのが、夫とのセックスレスです。

おばさんにももちろん性欲はあります。

年齢とともに女性の方が性欲が強くなる女性も多いです。

いくつになっても女性としてみられたい。
おばさんはこう思っています。

しかし、お互いを性の対象として見れなくなった夫婦は多いもの。

男性の場合は風俗店などで性欲を発散できますが…。
女性向けの性サービスはあまり知られておらず、欲求不満になりがちです。

結局、夫に隠れてオナニーなんてことに…。

結局欲求の溜まった人妻が、セフレを求めてこっそり活動しているのです。

セックスレスで欲求不満になっている人妻となら、かんたんにセックス出来ますよ。

セレブ妻

経済的に余裕のあるセレブ妻は、パートやアルバイトをしていません。

結婚当初はそんな生活を満喫していますが、徐々に退屈だと感じるように。

かといって、仕事はしたくないし…。
結局別のところに刺激を求めるようになります。

ママ友会や趣味に費やす一方で、不倫という火遊びに手を出す人妻も。

セレブ妻がホストクラブにはまるケースも大変多いです。

このことから、時間とお金を持て余した人妻は、若い男にもハマりやすい。

セレブ妻は離婚という選択はないので、程よい距離感が保てるセフレに丁度いいのです。

若い頃はモテたお一人様

若い頃にモテたおばさんは、そのチヤホヤ感が忘れられません。

男性に食事やお酒をおごってもらい、イケメンから口説かれる…。

当然情熱的な一夜を過ごしたことも多く、まさに人生の絶頂期。

そんな楽しい経験はいつまでも忘れない。
おばさんになっても男を意識して、時々飲み歩くことも。

とはいえ、街にでれば若くてキラキラした女の子が多いです。
おばさんがかつてのように、チヤホヤされることはありません。

そのため男性に対するハードルが低くなっていき、簡単に落ちてしまいます。

年齢を重ねたといえど綺麗な女性。

男性側にとっては絶好のターゲット。

普通のおばさんに比べて服装がオシャレなので、街で見かけたらナンパするのもOK!

このタイプは心身ともに若い女性が多いので、一緒にいても楽しいですよ。

20代前半からシングルマザーとして生きてきた人

近年では若くに結婚しても、離婚してシングルマザーになる女性が多いです。

そうなると20代・30代のほとんどを育児と労働に費やすことになり、一般的なOLと同じように遊ぶ事はできませんでした。

そんな我慢を重ねてきながらも、やっと子育てがとひと段落したシンママおばさんたち。

これまでの鬱憤を晴らすよう、遊び始めるシングルマザーもいます。

シングルマザーは遊び方を知らない女性が多く好奇心旺盛。

その好奇心を逆手にとれば口説くのは簡単ですよ。

管理人

少し訳あり女性の方が、綺麗なおばさんが多いんですよね!

おばさんと出会える場所

本当に出会いたい人はネットを活用しよう

出会いを求めるおばさんのタイプは前述の通りです。

当然、男性と出会える場に集まるわけですが…。
どんな関係を望むかによってその場は異なります。

そこで上記の2つに分けて、おばさんと出会いやすい場を紹介します。

この選択を間違えると、上手に出会うことが出来ませんよ。

真剣な交際を望むなら…

おばさんになってから婚活を始める人もいます。

「老後を共に過ごせるパートナーがほしい」
そんな気持ちからで、以下のような場所に集まってきます。

■結婚相談所

入会金の高い結婚相談所は、お一人様のおばさんならではの場。

お金を払っている分、おばさん達のモチベーションも高く積極的に相手を探しています。

かつては、相談員がお相手候補を一人づつ紹介していくスタイルでした。
現在では端末を使って、自分でお相手を探すのが一般的。

マッチングアプリとほぼ同じ仕組みであり、効率よくおばさんを探せます。

また、不定期でパーティーも開催されています。

「ネット上の出会いは苦手…」
そう思う人にも、出会いのチャンスがあります。

ただし会員数と会員の質に関しては、大手のマッチングアプリより劣ります。

「高い料金を払ったのに好みの女性がいない」ということも多々あるのがネックですね。

■お見合いパーティー

お見合いパーティーはおばさんの宝庫。

ほとんどが年齢層別に企画されていますが、なかには年齢のしばりがない企画も。

そういった企画には年下好きのおばさんが集まりやすく、アラサー男性ならかなりモテます。

一方、お見合いパーティーにはコスパが悪いという問題点も。

男性の場合、1回あたりの参加料金は5,000円から。
企画によっては10,000円近くかかることもあるので要注意です。

高い料金を払っても十数人としか知り合えないので、それ程効率が良いとは言えませんね。

■マッチングアプリ

会員の人数、質、コスパのすべて優れているのがマッチングアプリです。

とくにユーブライドマリッシュはおばさま会員が多くおすすめ。

どのおばさんも、真剣にお相手を探しています。
若者向けのマッチングアプリよりも、高い確率でマッチングできます。

「効率よく出会いたい」
「好みのおばさんをじっくり探したい」
「あまりお金をかけたくない」

そう思う男性は、マッチングアプリから始めると良いですよ。

(校正中) 中高年の出会いを総まとめ!一番のおすすめは出会い系サイト?

管理人

ユーブライドとマリッシュは会員が少ないのですが、おばさんの本気度は数あるアプリのなかでもピカイチ。

アダルトな出会いを望むなら…

真剣な出会いとは別に、ワンナイトセフレといった関係を望んでいるおばさんもいます。

その場合、集まりやすいのは以下のような場です。

  1. ナンパ
  2. バーやクラブ
  3. 出会い系サイト

■ナンパ

おばさん相手のナンパはとても簡単です。
なぜなら、普段ナンパされる機会がほとんどないから対応も優しい。

「私もまだ女として通用するんだ」
声をかけられたおばさんは、嬉しくなります。

当然どんな男性が声をかけてくれたのかが気になり、つい足を止めてしまうのです。

これはナンパする側にとってとても有利。

おばさんが立ち止まったところでグイグイ押せば、連絡先を交換できるでしょう。

連絡先を聞いたりお茶に誘ったりは簡単ですが、相手が出会いを求めているとは限らないのが難点ですね。

■バブル期がコンセプトのバー・クラブ

現在40代後半から50代中盤のおばさんは、バブル期に遊びまくった人達です。

ほとんどが夜遊びを卒業していますが、なかには当時の楽しさが忘れられない人も。

そんなおばさん達が、当時の楽しさを求めて集まってくる場所があります。

バブル期をコンセプトにしたバー・クラブです。

内装はもちろんのこと、音楽も80年代・90年代のダンスミュージック。
往年の名DJが選曲しており、おばさん達は自然とテンションMAXに。

お酒もすすむので、かなり口説きやすくなります。

気になることといえば、それなりにお金がかかるということ。男性側がお酒をおごるのが常識ですから一晩で10,000円ほど使うこともあります。

■出会い系サイト

出会い系サイトは、おばさんとのアダルトな出会いに最適の場です。

サイトに登録している時点で、おばさんが出会いを求めていることは確定。
人数も十分なので好みのおばさんを探せます。

それでいて費用はさほどかからないので、効率の良さはピカイチです。

なお、おばさん会員が多い出会い系サイトは、以下の3つ。

おばさんが多い出会い系サイト

華の会は会員数こそ少ないものの、中高年・熟年向けの出会い系サイトとして有名です。

逆にハッピーメールとPCMAXは20代の女性がメインですが、会員数が多いのでおばさんもそれなりにいます。

熟女が使う出会い系3選~中高年が出会えるアプリを紹介

管理人

いずれのサイトも性欲をため込んだ30代後半以上の女性が大勢いますから、積極的にアプローチすればアダルトな出会いを実現できますよ。

おばさんを口説く

オバサンを口説くにはトキメキが重要

おばさんを口説くときは以下の3点を心掛けてください。

  • 若い頃のトキメキを思い出させる
  • 母性本能をくすぐる(年下男性の場合)
  • おばさんならではの特徴をほめる

若い頃のトキメキを思い出させる

どんなおばさんでも、こう思っているもの。

「キュンキュンしたい」
「もう一度トキメキを感じたい」

たとえ自分が恥ずかしくなるような言動であっても、適切なシチュエーションで使えばおばさんのハートを一発で射貫きます。

  • 初デートで花を贈る
  • サプライズを用意する
  • 観覧車の中で抱きしめる、etc…

これらは映画やドラマのなかでしか見ないような行動ですが、トキメキを欲しがっているおばさんには非常に有効ですよ。

母性本能をくすぐる(年下男性の場合)

年下男性の場合はおばさんの母性本能を狙い撃ちしてください。

もっとも簡単なのは、お酒を飲んで酔ったフリをすること。

真っ直ぐに歩けないほどの酩酊状態を装って、おばさんの肩にもたれかかってみてください。

母性本能が発動して優しく受け止めてくれます。

そこから甘えたようにハグすれば、こう思ってくれるはず。

「この人、可愛らしい」
勢いにのってキスしても嫌がられません。

一般的には情けないと思われがちの酩酊状態ですが、おばさんを口説く時に有効であることを覚えておきましょう。

おばさんならではの特徴を褒める

身体的にも精神的にも、20代の女性とおばさんとでは大きく違うもの。

そのことは、おばさん自身がもっともよく理解しています。

「私もかなり劣化したなぁ」
「もう若い子には勝てない」

そうネガティブにとらえています。

おばさんを口説くには、このネガティブな部分をケアしてあげるのが効果的。

おばさんは「劣化」ではなく、「歳を重ねた魅力」と表現してあげるのです。

自分のコンプレックスを魅力と呼んでくれるわけですから、これほど嬉しいことはありません。

「この人は私のことを見てくれている。」
そう感じたおばさんは、簡単に心を開いてくれますよ。

まとめ

出会いに飢えて欲求不満なオバサンを口説こう

この記事ではおばさんとの出会い方について紹介しました。

おばさんと呼ばれる年齢になっても「出会いがほしい」と思う人は大勢います。

しかし実際に口説いてくれる男性が少ないため欲求不満になりがち。
出会いアプリには、そういったおばさんが集まってきます。

口説くターゲットとしてとても、かんたんに落とせるので狙い目です。

好みのおばさんを見つけたら、どんどん声を掛けていってくださいね。

熟女とセックス!中高年だからこそ楽しめるSEX方法